読書

読書

読書感想10

岡本七緒氏によるビブリオファンタジー 町外れにある私立図書館黄昏堂、面向きはよくある図書館、その地下回廊の先には不思議な世界へ続いていた。 前半部はがっつりファンタジーで話が進むかと思いきや後半ヒロインの過去と館長とのつながりなどサスペン...
読書

読書感想9

鷹樹烏介氏による書き下ろし。 都内で呪術による猟奇的な事件が多発。 そのうらには連鎖自殺を計画する組織の存在があった。 対抗すべく呪術耐性のある主人公井手口と集められた3人がチームが組み立ち向かう。 修験道、八極拳などの要素み含みやや難...
読書

読書感想8

お札の肖像画になっている野口英世、樋口一葉、福沢諭吉の生涯のお金にまつわる成功と挫折を講義形式で記述している。 名前はお札になっているので当然知っているが生涯についてはあまり知らなかったし意外な一面を知れて勉強にはなる。 野口英世は黄熱...
読書

読書感想7

越谷オサムの小説。 スーパーの副店長である主人公、単身赴任中の家にある日突然魔法使いと名乗るアリスとそのお目付役の小動物のまるるんが押し掛けてくる。 強引に居候させる身になったのだが日が経つにつれアリスの人柄に自分だけではなく周りの人達も...
読書

読書感想6

青森にある津軽メイド喫茶を中心にした物語。 人見知り高校生いとがメイド喫茶になりたいという理由だけでメイド喫茶で働く。 オーナー逮捕で店がなくなるピンチを堂乗り切るか、父親と将来をめぐっての喧嘩、三味線を勧めてくる祖母との微妙な距離感など...
読書

読書感想5

面白そうなタイトルに惹かれて読んでみた。 バッタ研究者によるアフリカのモーリタニアで大量に発生するバッタの退治記録。 現地の研究者達と協力しながら悪戦苦闘。様々なトラブルが起こるなかで立ち向かっていく。 また現地の生活、動物などのことも書...
読書

読書感想4

架空の動物園を舞台にした推理もの。 ある日一匹のワニが盗まれそこから次々と不審な事が起こり事件を解決すべき主人公たちが真相を調べ始める。 登場人物のキャラクターがそれぞれ立っていて面白かった
読書

読書感想3

小学5年生の高見森は、父親の転勤で北九州へ転校してきた。 そこで出会った集合住宅の同級生達との触れ合いを通して成長を描く。 子ども視点での謎解きなんかもあったりしてなかなか読み応えがありました。 お子さんがいる方にオススメしたい一冊。 ...
読書

読書感想2

芸人パックンの人生経験綴った書籍。 勝手にパックンはスーパーエリートだと思っていたがかなりの苦労人だった。 両親の離婚をきっかけに貧乏街道まっしぐら。 幼い頃からバイトに明け暮れるなどしていて そこからどうやって今に至ったかを綴っている。...
読書

読書感想1

越谷オサムの短編集。ゾンビ、精霊、妖怪、泥侍といった人外と人との交流を描いていく。出てくるものがものだけに暗かったり、怖かったりするものだが全ての話がコメディタッチなので非常に読みやすいし面白い。
タイトルとURLをコピーしました